spicebox 2017年度新卒採用

OUR VISION 私たちの歩みと未来

私たちの歩みと未来

スパイスボックスは、日本初のデジタルエージェンシーとして設立され、
広告業界の中でも独自のポジションを築きながら成長を続けてきました。
デジタルマーケティング領域の「総合対応」を掲げ、
デジタル時代に適した新たなコミュニケーションを切り拓いてきた私たちには、
他のどの会社にもない特長があると自負しています。
そこで、学生の皆さんに私たちのことをより良く知っていただくために、
スパイスボックスの過去、現在、未来を紹介しながら、
これから私たち目指す姿と求める人材についてお伝えしたいと思います。

過去

スパイスボックスが誕生したのは、2003年12月。
その頃、広告の世界ではインターネット広告が存在感を増しつつありました。
それまでは特定の業種による出稿が中心でしたが、
通信環境が大きく改善され、人々のインターネットへの関わり方が密接になったことで、
ネット広告の価値が飛躍的に高まり、
より幅広い業種の企業が新たな広告手法として注目するようになったのです。
広告代理店としても、その変化に対応する必要性が急速に高まっていましたが、
当時インターネット広告の領域で総合対応できるエージェンシーは存在していませんでした。
戦略構築、メディアプランニング、コンテンツ制作、データ分析などを
別々の会社が対応するのではなく、
すべてをワンストップで対応する会社の必要性を確信し、
日本初のデジタルエージェンシーを立ち上げました。
また、デジタルマーケティング領域を総合的に担うことは
インターネット広告の本質的な価値向上につながるはずだと確信し、
クライアント企業のマーケティング活動に貢献するだけでなく、
業界全体の健全な成長にも寄与したいと考えました。

現在

そして今、スパイスボックスは12期目を走っています。
設立から一貫してデジタル領域の総合対応を掲げ続け、
これまでの拡大と成長を実現してきました。
その間、インターネット広告は、
テレビに次いで2番目に大きな広告メディアになるまで拡大しました。
私たちは市場の成長を追い風にしながらも、
クライアント企業に対するサービス品質に徹底的にこだわり続け、
市場の成長率以上の伸び率で拡大し続けてきました。
これは、唯一無二のデジタルエージェンシーとしてその価値を明確にし、
業界の中で独自のポジションを築こうとする強い意志を
メンバー全員が持ち続けたからこそ実現できた成長でもあります。
現在スパイスボックスは大きな転換期を迎えています。
インターネット広告市場は拡大をし続けながら、
今までの形態や枠組みを超えたフィールドになりつつあります。
テクノロジーやデバイスの進化によって生活全体がデジタル化していく中で、
私たちのビジネスフィールドも旧来型の広告ビジネスの枠を超えて、
大きく広がっていくのは間違いありません。
既存のビジネスの枠組みに乗るだけでなく、自分たちの手で新しいビジネスを創る。
これまで培ってきた経験やスキル、デジタルの力で生活や文化をより良いものにする。
ダイナミックな時代の変化の中で、そのような大きなチャレンジができるのは、
デジタルをメインフィールドとしている私たちが享受できる大きなメリットです。
今、まさにこのメリットを最大限活かした新しい事業展開や新たな強みづくりに
取り組み始めています。

未来

このように今、私たちは未来のスパイスボックスをみんなで創り始めています。
これまでの業界の枠組みや既成概念にとらわれず、新しいスパイスボックスを創っていく取り組みは、
皆さんにとっても理想的な環境であり、とてもやりがいのある、楽しいことだと思います。
敷かれたレールに乗るだけでなく、自らが主体的に会社を進化させることが出来るのです。
そのチャレンジには「熱い想い」と「やってみる精神」が不可欠です。
ゴールに向かって一直線に突き進む。そしてそのチャレンジを楽しむ。
そのような若い力との出会いをとても楽しみにしています。

株式会社スパイスボックス

代表取締役社長田村 栄治

デジタルで、何しよう。