お知らせ 2016.11.30_Wednesday

【キクデジ塾】
『PDCA、レポート作成等に関わる“雑務”削減、実践セミナー』
~業務改善・効率化で、人手不足、長時間労働を改善~

株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、2016年12月9日(金)、12月16日(金)に、ダイレクト・マーケティング担当者向け無料セミナー、「『PDCA、レポート作成等に関わる“雑務”削減、実践セミナー』~業務改善・効率化で、人手不足、長時間労働を改善~」を開催いたします。


スマートフォンやソーシャルメディア利用の日常化、続々と生まれる新メディアなど、現在、生活者を取り巻く情報環境の変化によって企業と生活者とのデジタル上のタッチポイントは広がり続けています。それに伴い、企業がブランド(商品・サービス)情報を生活者に届けるためのコミュニケーション手法は複雑化、多様化を極めており、企業のダイレクト・マーケティング担当者は、細やかなPDCA運用やスピーディなメディア制作、チューニングなど、目標達成に向けて膨大な業務を担わざるを得ない状況に直面しています。こうしたなか、多くの企業では、恒常的な人手不足や長時間労働が問題となっており、外部パートナーに委託してリソースを補うなど、ぎりぎりの体制で日々業務を行っているのが現状です。

しかし、社会全体としては、少しずつ長時間労働を抑制し、労働生産性を高めようとする考え方へとシフトがはじまっており、広告業界全体の働き方改革への注目が高まっています。今後は、広告パフォーマンスと労働生産性の向上を両立させることが、広告企業、広告主企業双方にとって至上命題となっていくとも考えられます。そのために、まずは、すでに一部企業が取り組みはじめている、業務改善、効率化によって労働集約型の“雑務”を削減し、より本質的なマーケティング活動に注力できるマネジメント体制を築いていくことが重要です。

本セミナーでは、第1部で、デジタル広告代理店であるスパイスボックス自身の観点から、担当者を悩ませがちな“雑務”の実例を挙げ、解決の糸口となる当社や広告主企業の各種取り組み事例をご紹介いたします。また、第2部においては、実際にダイレクト・マーケティングに取り組むご来場者様と一緒になって、「ダイレクト・マーケティング業務の改善と効率化」をテーマとしたワークショップを行い、本セミナー参加者同士の持つ知見やノウハウを共有する場を設けさせていただきます。さらに、業務改善・効率化の具体ソリューションとして、スパイスボックスが現在開発中のデジタルマーケティング用業務管理ツール「マーケティングダッシュボード」を活用したPDCA・レポート業務の改善・効率化手法もご紹介いたします。


開催概要

概要

タイトル 『PDCA、レポート作成等に関わる“雑務”削減、実践セミナー』
~業務改善・効率化で、人手不足、長時間労働を改善~
日時 《第1回》12月9日(金)10:30~12:30(受付開始10:00)
《第2回》12月16日(金)10:30~12:30(受付開始10:00)

※同内容のセミナーを2日程で開催させていただきます。
希望される日程でお申込みください。
会場 株式会社スパイスボックス
(東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館 15階 赤坂駅 5a 出口直結)
定員 各回20名様 [事前申込制]
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
企画・運営 株式会社スパイスボックス

申込要領

参加費 無料
対象 事業主・広告主のマーケティング担当者様
※法人様対象のセミナーのため、個人でのお申し込みはご遠慮ください。
※同一企業様の参加人数は2名様までとさせていただきます。
※主催企業と事業が競合する企業様からのお申し込みは、お断りする場合がございます。
お申込み 専用フォームよりお申込みください
締切 《第1回》12月7日(水)
《第2回》12月14日(水)

※本勉強会は、事業主・広告主様を対象としたセミナーとなります。
恐れ入りますが同業他社のご参加はご遠慮くださいますようお願いいたします。


プログラム

《第1部》10:30~11:00
『"デジタル雑務"の実態解明と改善、効率化方法の紹介』

《第2部》11:00~12:30
『ダイレクト・マーケティング業務改善、効率化ワークショップ』


『キクデジ塾』とは

デジタルエージェンシーのスパイスボックスがプロデュースする、事業主・広告主のマーケティング担当者のためのデジタルマーケティング勉強会です。企業のブランド価値向上や顧客創出、顧客との継続的な関係づくりなどマーケティング活動における本質的な価値につながるテーマを設定し、不定期で開催しています。講演やパネルディスカッション、ワークショップ等を通じて「いま本当に“効く”デジタルマーケティングとは?」をともに考え、マーケティング活動の中で活かせる“ヒント”を発見できる場となることを目的としています。


講師ご紹介

株式会社スパイスボックス
ソリューション局 局長 物延 秀
2006年スパイスボックス入社後、プロデューサーとして飲料/化粧品メーカー等のデジタルコミュニケーションをワンストップで支援。2012年以降、ソーシャルメディアを中心とした「共感」と「話題」を生むコンテンツのプランニング・プロデュースに注力し、自社ソリューションを開発する傍らコミュニケーションディレクターとして、ブランドストーリーとソーシャル上のインサイトをコアにした企業のコンテンツマーケティング活動に従事。

※現在、MarkeZineにて「シェア拡散されるブランドストーリー」連載執筆中、デジタルマーケティングの専門家としてNHKクローズアップ現代に出演。

メール・お電話によるお問い合わせはこちら

株式会社スパイスボックス キクデジ塾 運営事務局 担当:川村 伸之/山下 麻由美

03-3583-5364 entry@spicebox.co.jp

お問い合わせ

私たちのサービスを、ぜひ体験してみてください

電話・メールによるお問い合わせ
03-3583-5361 info@spicebox.co.jp