お知らせ 2013.07.10_Wednesday

“Computing Anywhere/Anytime”をテーマとした研究・開発を行うためのプロトタイピングラボ 『WHITE(ホワイト)』を発足

株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、"Computing Anywhere/Anytime"をテーマとし、デジタル技術を活用したデバイスやサービスの研究・開発を行っていくプロトタイピングラボ『WHITE(ホワイト)』を発足します。デジタルエージェンシーとして、デジタル時代におけるメディア環境やデバイスの進化にいち早く対応し、企業とユーザーをつなぐ"新しいコミュニケーション"を実現します。


プロトタイピング開発 WHITEの概要

代表
神谷 憲司
クリエイティブディレクター/テクノロジスト
1975年静岡県御殿場市生まれ。大学卒業後、葵プロモーションプランニング等を経て、2006年にスパイスボックスに参加。ソーシャルメディアを活用したプロモーションプランニング、コミュニケーション開発を得意としながら、最近ではテクノロジーを起点とした新しい広告体験の開発や製品・サービス開発に取り組んでいる。文化庁メディア芸術祭グランプリ、カンヌ国際広告祭銅賞、東京インタラクティブ・アド・アワード金賞など、国内外の広告賞受賞歴も多数。

ラボルーム
壁一面がホワイトボードになっており床面は全面が人工芝。自由にアイデアを出し合って共有しやすい場所となっています。 そのアイデアのラピッドプロトタイピングを行うために、3Dプリンター、レーザーカッターをはじめとしたデジタルファブリケーション機材を設置。その他フィジカルコンピューティングに必要な機材・工具・ソフトを取りそろえています。 またラボルームは社外のクリエーターにも積極的に開放し、メンバーと社外クリエーターのコラボレーションの場としていきます。

名称の意図
WHITE【(h)wάɪt:wάɪt】...白、はじまり、余白、異なるものの融合(光の3原色RGBは混ざると白になる)WHITEには、まっさらなところからプロトタイプし作り上げていくという「起点・はじまりの場」の意味と、皆が集まって共作できる「空き地」といった意味をもっています。また、WHITEはRed、Green、Blueの光の三原色が交わるとできる色であることから、アイデア、テクノロジー、環境(設備)が融合することでスピーディーに新しいものが生まれる場所という意味もあわせてもっています。

サイトURL
http://255255255.com
※RGBの最大値(255, 255, 255) はWHITEになることから

メール・お電話によるお問い合わせはこちら

株式会社スパイスボックス 広報担当:古川 恵子

03-3583-5361 info@spicebox.co.jp

お問い合わせ

私たちのサービスを、ぜひ体験してみてください

電話・メールによるお問い合わせ
03-3583-5361 info@spicebox.co.jp