お知らせ 2015.10.22_Thursday

株式会社スパイスボックス、 日本初“デジタル × ファッション”に特化した新メディア 「DiFa」を立ち上げ。

株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、このたび、新たにメディア事業を立ち上げ、その第一弾として“デジタル×ファッション”情報に特化した日本初のWebマガジン「DiFa」(ディーファ)をオープンいたしましたので、お知らせします。DiFaは、本日10月22日(木)より情報提供を開始いたします。


shockathon


【サイトURL】
http://www.difa.me


【ロゴ】
shockathon


■DiFaについて

昨今、大手テクノロジー企業やスタートアップ企業が、時計、眼鏡、指輪型など、さまざまなウェアラブルデバイスを発表しています。こうした状況のなか、ラグジュアリーブランドがテクノロジー企業と共にファッション性の高いウェアラブルデバイスを開発するなど、世界中でデジタルとファッションの融合が進んでいます。しかし、現在、日本には“デジタル×ファッション”に関する情報を専門に発信するメディアがありません。スパイスボックスでは、WebマガジンDiFaでの情報発信を通して、日本に“デジタル×ファッション”の新しいカルチャーを創出し、新たな市場を作り出していきたいと考えております。

DiFaの主な読者ターゲットは、ファッション感度が高く、SNSを使いこなしデジタルデバイスなどの新しいものを自由にライフスタイルに取り込める20代女性です。DiFaでは、そんな彼女たちを「デジタルファッショニスタ」と定義しています。

編集長には、“デジタル×ファッション”に関する情報発信を積極的に行っているデジタル コミュニケーション コンサルタントの市川渚氏が就任します。また、編集部に加えてファッションデザイナーやモデル出身者などで構成する約30名の「Member」(メンバー)がDiFaの記事を共に作成していきます。


■DiFaの媒体概要

DiFaには、“デジタル×ファッション”に関するニュース記事を提供する“DiFaメディア”とMemberによる最新ツイートを表示する“DiFaフィード”があります。両ページはトップページ右上のアイコンで切り替えます。


●サイトイメージ

【DiFa Media】
shockathon


【DiFa Feed】
shockathon


●DiFaメディア
以下3つのカテゴリーの記事を1日1本以上更新します。

Style …デジタルファッションアイテム、サービス、アプリ等の紹介
People …デジタル業界、ファッション業界のトレンド発信者へのインタビュー
Report  …関連イベントの情報収集、取材記事


●DiFa フィード
Memberたちが選んだ、“デジタル×ファッション”関連の最新ツイートが一覧で表示されます。各ツイートの下に「もっと詳しく知りたい!」ボタンがあり、一定数以上クリックされると編集部が追加取材を行い、記事として配信します。


■編集長

市川渚
shockathon

(プロフィール)DiFa 編集長 / Fashion Tech・Digital Communication Consultant, Adviser
ファッションデザインを学んだ後、海外ラグジュアリーブランドのPR、有名クリエイティブエージェンシーにてコミュニケーションマネージャーを経て、フリーランスとして活動中。この度、DiFa編集長に就任。ファッションとデジタル テクノロジーの間に立ち、2つの分野の橋渡し役としてデジタルコミュニケーションのコンサルティング等に従事。その他にもファッション関係のウェブメディア運営や記事執筆、セミナー/大学講師など活躍は多岐にわたる。


■Member

ファッションデザイナーやモデル、ブロガー、YouTuber、ファッションプレス、インスタグラマー、クリエイターなどで構成されます。初期は、約30名が所属し、それぞれの感性を生かしながら“DiFaメディア”の記事作成や“DiFaフィード”にツイートを掲載します。Memberは今後随時増やす予定で、DiFaの成長に大きな役割を担っていきます。

nobi(ITジャーナリスト)、三橋ゆか里(ライター)、灰色ハイジ(インタラクティブプランナー)、草野絵美(アーティスト)、ハイロック(メディアクリエイター) など


■今後の展開 

DiFaでは、今後、Webマガジンによる情報発信にとどまらず、“デジタル×ファッション”に関するイベントやハッカソン等の開催を予定しています。こうした取り組みを通じて、テクノロジー業界、ファッション業界の人々、ユーザーなど関わるすべての人をつなぎ、“デジタル×ファッション”カルチャーを共創していくプラットフォームに成長させていきたいと考えています。

メール・お電話によるお問い合わせはこちら

株式会社スパイスボックス広報担当 松田

03-3583-5361 pr@spicebox.co.jp

お問い合わせ

私たちのサービスを、ぜひ体験してみてください

電話・メールによるお問い合わせ
03-3583-5361 info@spicebox.co.jp