spicebox

動画マーケティング総合支援サービス(チューブプラス)tube+

tube+tube+

その動画マーケティング、
KPIは明確ですか?

WEBログ情報による実行動ベースで、
認知・興味喚起・購買意向などの態度変容の把握が可能に。
動画マーケティング実施におけるKPI設定から
効果測定、制作・メディア運用までをワンストップに支援します。

動画マーケティング総合支援サービス「Tube+」の提供体制

接触者への影響度分析

「どうキモチが動いたか?」その態度変容までを明らかにして、
動画マーケティングの費用対効果を明らかに。

「どんな指標で効果測定をすれば良いのかわからない。」KPI指標と有効な効果測定方法が見いだせない為に、動画マーケティングに二の足を踏んでいるマーケティング担当者も多いのではないでしょうか。私たちは、そんな課題に応える、効果測定・分析ソリューションを提供します。マクロミル社の提供するモニタのWeb行動を調査・分析できる「Access Mill(アクセスミル)」を活用。WEBログ情報による実行動ベースで、動画広告の接触者を対象に、クリエイティブやフリークエンシーの違いによる認知や興味喚起、購入意向など態度変容にもたらした影響を可視化・分析。その動画マーケティングの費用対効果を明らかにします。
※個人を特定できない形で集計・分析されます。

[ 計測の仕組み ]
  1. 動画広告にタグを設置

  2. 広告接触者を、計測タグによってマクロミルの
    WEBログ情報取得済みモニタから抽出

    ※ タグは複数設置も可能
    (LPやコンバージョンページなど)

  3. 広告接触者に対してアンケート実施

    ※ 非接触者も含めてアンケートを
    実施することで比較分析も可能です

[ 分析項目例 ]

動画広告接触の有無やクリエイティブ・フリークエンシーごとに
商品認知・興味喚起・購入意向にもたらした影響を検証することが出来ます。

  • 動画広告接触者の属性把握(性別・年齢)
  • 認知度や態度変容の分析(ブランド好意度・購入意向)
  • 広告接触後アクション
  • アトリビューション分析
  • フリークエンシーごとのKPI結果分析
  • クリエイティブごとの比較分析
  • クロスメディア分析 例 : TVCM x Web動画広告
  • コンバージョン理由、非理由の把握

分析アウトプット例:
広告接触者/非接触者間の差異を比較

アウトプット例:広告接触者/非接触者間の差異を比較 広告接触者 商品認知 興味喚起度 広告接触者
広告非接触者

動画広告メディアプランニング・運用

次々と登場する「動画広告メニュー」、
トレンドをおさえた、ターゲットに届ける最適プランを提案します。

一言で動画広告と言っても、その種類はさまざま。大きな分類としては、動画サイトでユーザーが選択した動画コンテンツの前に再生される「プリロール型広告」、アドネットワークやDSPのバナー枠に配信される「インディスプレイ型」、ニュースなどの記事内に表示される「インリード型」の3種類に分けられます。動画広告マーケットは、その注目の高まりと市場の拡大に伴って次々と新しいメディアメニューが登場する変化の激しい領域。スパイスボックスは、動画広告マーケットの最新トレンドを常にキャッチアップし、その効果を正確に見極め、目的に合わせた最適なメディアプランの提案と運用を実行します。

[ 動画広告メニュータイプ分類 ]
動画広告メニュータイプ分類

動画クリエイティブ制作

ブランディングからバイラルムービーまで。
あなたのビジネスゴールに“効く”動画コンテンツを制作します。

注目の高まるオンライン動画マーケティング。動画コンテンツは高い表現力によってインパクトのある訴求が期待できる一方、クオリティマネジメントが困難である、従来のパートナー企業に依頼すると制作コストが高くかかる、など悩みを抱える企業も少なくありません。また、Webで流すにあたってTVCMの流用で良いのか?それとも新しく作るべきか?といった、そもそもの方針策定においても、経験がないだけに適切な判断を下すことができずに困っている企業も多いはずです。デジタルエージェンシー スパイスボックスには、数多くの企業のデジタルマーケティング支援と動画クリエイティブの制作実績があります。また、バラエティ豊かな外部クリエイターのネットワークを独自に有していることも大きな強み。目的・ターゲット・予算規模にあわせてベストなスタッフ体制を構築し、動画マーケティングの全体戦略の立案から、動画コンテンツの制作を強力に支援します。

スパイスボックスが提供する動画広告活用プラン例

  • TVスポット補完型動画活用プラン

    TVスポットでリーチしきれない視聴者に対して動画広告を配信する相互補完型プランWeb広告ならではのターゲティング精度により、TVスポットとWeb広告の相互補完関係の最大効果を実現します。

    TVCM×Web動画広告により
    リーチ最大化を実現

  • Web拡散型動画広告活用プラン

    Web上での話題拡散プラン。ターゲットクラスタにあわせて、拡散力を持った動画コンテンツの企画制作と、ソーシャルメディア、PRメディアを活用した情報拡散ストーリーを設計します。

    ソーシャルクリエーター、
    放送作家、映画監督等を
    起用したコンテンツの制作

    ソーシャルメディア、
    PRメディアの活用

資料請求や業務相談など、お気軽に問合わせください。

(* 必須項目です)

入力内容をご確認ください。

お問い合わせ内容の送信が完了しました。
内容確認したのち、すみやかに担当者よりご返答させていただきます。

お電話・メールでのお問い合わせ

TEL:03-3583-5361
Mail:info@spicebox.co.jp
担当:物延(もののべ)

*貴社名
※ 貴社名が入力されていません。
 
部署名
 
*氏名
※ 氏名が入力されていません。
 
*氏名(フリガナ)
※ 氏名(フリガナ)が入力されていません。
 
電話番号
※ 電話番号が正しく入力されていません。
 
*メールアドレス
※ メールアドレスが正しく入力されていません。
 
*お問い合せ内容
※ お問い合せ内容が入力されていません。
 
下記 「個人情報の利用目的」 を必ずお読みのうえ、
全てに同意される場合には「同意して次へ」ボタンを押してください。

→ 個人情報の利用目的

個人情報の利用目的

  • このお問い合わせフォームでご提供いただく個人情報は、お問い合わせ等にする回答や資料送付、
    その他ご連絡のために利用します。
  • 当個人情報を第三者に提供することはありません。
  • 当個人情報の取扱いを委託することはありません。
  • 必要事項を全てご入力下さい。入力内容に不備がある場合は、ご返信しかねる場合がございます。
  • 内容により、お時間をいただく場合がございます。
  • 当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、
    利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。
  • 開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
  • 統計ツールやクッキー、ウェブビーコン等を用いてご利用状況を調査していますが、
    これによる個人情報の取得、利用は行っておりません。
個人情報保護管理者:
株式会社スパイスボックス 取締役副社長

苦情・相談責任者:
経営管理局 山田 喜幸

Tel: 03.3583.5363
Fax: 03.3583.5362
Mail:privacy@spicebox.co.jp

→ 個人情報保護方針、
個人情報の取扱いについて
→同意して次へ
←ひとつ前に戻る
→この内容で送信する