SOLUTION提供ソリューション

企業が伝えたいストーリーを、世の中に届けるために。スパイスボックスは、独自の「ソーシャルリスニング」によって、ソーシャルメディア上のトレンドを抽出。より多くの人に “語られる”コンテンツと情報流通経路を設計し、企業と生活者との間につながりを生み出すコミュニケーションを構築します。

売りにつながる既顧客から逆算して、
SNSコミュニティを形成。

売上につながる既存ターゲットの、エンゲージメント文脈をソーシャル・リスニング。既存ターゲットの興味関心軸で、SNSアカウントやコンテンツ戦略を策定します。 自社SNSに高エンゲージメントなフォロワーを増加させ、筋肉質なコミュニティを形成。エンゲージメント量と売上、もしくは売上に近い中間KPIの相関で、効果分析も可能です。

SNSデータから既顧客を詳細化し、
熱量持って情報が伝わる濃いPRイベントを設計。

ブランドや企業の既存ファン層を趣味趣向や価値観ベースで可視化。重要ターゲットを絞り込み、エンゲージメントするイベントを企画します。 メディアやインフルエンサーを巻き込みながら、エンゲージメント視点で全体設計をしていきます。 今、ソーシャル上で反響の高いトレンドやイシューを、イベントに取り入れることも可能です。

SNSデータで市場全体の潜在顧客を類推し、
ピンポイントでインフルエンサーを起用。

SNSデータを基にマーケット全体を取り巻く、自社・他社の潜在顧客を可視化。 他社の潜在顧客の比較などから重要ターゲットを絞り込み、興味関心軸で影響力の強い人物をインフルエンサー起用します。 (キャスティングにおいては、単純なフォロワー数だけではなく、平均エンゲージメント数、偽フォロワーの有無などの確認も必要。)

SNSデータで市場全体の潜在顧客を類推し、
SNS上のシェアをPDCAに取り入れる。

SNSデータを基に、マーケット全体の潜在顧客を価値観ベースでグルーピング。 選定した潜在顧客のエンゲージメント率を他社と比較。他社の潜在顧客も比較しながら、重要ターゲットを絞り込み、アクションプランを立案します。 継続的にマーケット全体におけるエンゲージメント力の推移を、他社と比較チェックし、PDCAを回します。

SNSエンゲージメントの多い文脈をつかみ、
シェア・拡散されるコンテンツを企画・制作。

ブランドに親和性の高いキーワードを記事やコンテンツの中から、シェア拡散された文脈を抽出。 企業やブランドに親和性の高い文脈を選定しながら、そのイシュー(テーマ)に則った様々なコンテンツを企画・制作する。

熱量が高い人から低い人へと伝播する、
SNSプロモーションを設計。

SNSでデータをもとに、自社ブランドを取り巻くファンやフォロワーの趣味趣向・価値観を類推。それぞれを傾向でグループ分類し、それぞれに影響力の高い人物を巻き込んだプロモーションを設計する。 モチベーションが高い人たちを巻き込み、情報伝達のブーストを起こしながら、ペイドメディアも交えて情報流通のPDCAを管理する。

SNSに散在するファンの熱量・視点を、
ブランデッドコンテンツとして活かす。

SNSデータをもとに、ブランドに対してエンゲージメントの強いファンをグルーピング。 ファンがブランドに関して、自然発生的に制作しているコンテンツ=UGCをソーシャル・リスニングで集め、ブランドコンテンツとして、公式SNSアカウントやオウンドメディアで活用する。 ファンのブランドに対するエンゲージメントを可視化する。