News> お知らせ

お知らせ

2017.11.17_Friday

【お知らせ】物延秀著『新ヒットの方程式』~ソーシャルメディア時代は「モノ」を売るな「共感」を売れ!~(宝島社)が11月17日に発売されます。

株式会社スパイスボックス取締役副社長 物延秀が書き下ろした、ソーシャルメディア時代にモノ・コトのヒットを生むための“新方程式”をテーマとした書籍、『新ヒットの方程式』~ソーシャルメディア時代は「モノ」を売るな「共感」を売れ!~(宝島社)が11月17日(金)に全国書店で販売開始されますので、お知らせいたします。


 

■本書の内容について

●特別対談:国民総クリエーター時代のヒットのつくり方

「ネットを駆使するヒットの仕掛け人」キングコング西野亮廣 × 「ソーシャルメディアを活用したマーケティングの専門家」スパイスボックス物延秀

2017年10月に広告に関する新著、『革命のファンファーレ』~ 現代のお金と広告~を出版したばかりの西野氏と日本初(※)のデジタル総合広告代理店スパイスボックスでデジタル・マーケティング一筋のキャリアを歩んできた副社長 物延秀の対談が実現! 1万部売れればヒットと言われる絵本業界にあって、すでに30万部以上を売り上げる西野氏の絵本『えんとつ町のプペル』を取り上げ、西野氏が実際に行った“モノを売る”ための、あの手この手の仕掛けについて詳しく聞きました。それらの仕掛けをソーシャルメディアを活用したマーケティングの最新潮流と照らし合わせ、物延が専門家の視点で解説。――「好感度ではなく『信用』を取りにいく時代」、「消費者がクリエーターになる」――など、ソーシャルメディアを活用して商品やサービスの“話題”を生み出したいすべての人が活かせるヒントが満載です。

●ソーシャルメディアの影響力がマスメディアを超える!?
スマホとソーシャルメディアの一般普及で大変革するヒットの構造

第1章:2016年、マスメディアをSNSの口コミが超えた
第2章:ソーシャルメディア時代のヒットの仕掛け方

なぜ今、「ヒット」をテーマにした本を出版する必要があるのか? それは、私たちにとって“新しい情報基盤”となったソーシャルメディア上の「口コミ」が、これまで絶対的な存在だったテレビや新聞、雑誌、ラジオといった“4マスメディア”を凌ぐ影響力を持ちはじめているから。私たちの身の回りでも、すでにこれまでの方法論では説明ができないモノ・コトの劇的なヒットが生まれています。

1章では、まず2016年に“これまででは考えられなかった理由”で予想外、大番狂わせのヒットとなった2016年を代表する国内外の事象、コンテンツ事例として、映画「君の名は。」とトランプ、ヒラリーが争った「アメリカ合衆国大統領選挙」を解説。さらに、広告のこれまでの歩みを振り返りながらこうした大転換期を生み出した「経済環境」「情報環境」の変化の背景を紐解きます。2章では、――ソーシャルメディア上で『語られる』コミュニケーションの作り方」、「『影響力を持つ人』の巻き込み方」――など、今後どのようにモノ・コトのヒットを生み出していけば良いのか具体的な手法をご紹介します。

●異例、想定外、大番狂わせ…さまざまなモノ・コトの“ヒット”の理由

第3章:SNS発のヒットを読み解く!

3章では、『新ヒットの方程式』に従って直近でヒットしたモノ・コトの事例を取り上げ、専門家の視点でヒットの理由を詳しく解説します。

1)賛否両論の渦を巻き起こした広告施策 「Fearless Girl」
2)クラウドファンディングを巧みに活用した映画 「この世界の片隅に」
3)SNS拡散力のあるタレントの起用で成功 キリン「氷結」
4)SNSの口コミから生まれたプロモーション 日清の「どん兵衛」
5)西野亮廣氏著作の大ヒット絵本 「えんとつ町のプペル」
6)ソーシャルメディアを活用した採用戦略 「メルカリ」
7)スタートアップも現代アートも“ストーリー”が大事「The Most Famous Artist」

●VRやAI技術が、広告にどんな未来をもたらすのか?

第4章:Google、Facebook、Tencentがつくるコミュニケーションの未来

「全世界の主要ソーシャルメディアの利用ユーザー数の企業別シェア」(本書206頁)を見ると、全世界のソーシャルメディア利用ユーザー数の90%をFacebook、Tencent、Googleのたった3社で独占していることが分かります。最終章では、今後のソーシャルメディア発展のカギを握るこれらのプラットフォームが、AIやVRなどの最新テクノロジーをどのように取り込もうとしているのか、その最新状況を一気にまとめ読みすることができます。これらの変化が広告コミュニケーションや新たなモノ・コトのヒットにどう影響していくのか未来像まで予想します。

◆著者プロフィール

物延秀 スパイスボックス 取締役副社長 執行役員

2006年スパイスボックス入社。プロデューサーとして大手企業のデジタル・コミュニケーションをワンストップで支援し、2012年以降はソーシャルメディアを中心とした「共感」と「話題」を生むコンテンツのプランニングとプロデュース、自社ソリューション開発を統括。2016年に事業統括責任者および執行役員に就任。2017年より現職。

※最近の執筆、出演について
・MarkeZine(マーケジン)連載記事 「シェア拡散されるブランドストーリー」
http://markezine.jp/article/corner/605

・NHKクローズアップ現代+ 出演 『想定外!?“君の名は。”メガヒットの謎』
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3898/1.html

◆書籍情報
タイトル 新ヒットの方程式
著者 物延秀
発行日 2017年11月17日(金)
定価 1,300円+税
仕様 四六判224P
発行 宝島社
ISBN 978-4-8002-7495-3

◆購入用リンク

アマゾンhttps://goo.gl/bZaa8B
楽天ブックスhttps://books.rakuten.co.jp/rb/15203505/

(※)自社調べ

本件に関するお問い合わせはこちら

株式会社スパイスボックス 広報担当 担当:松田
Tel: 03-3583-5361 Mail: pr@spicebox.co.jp

CONTACTお問い合わせ

私たちのサービスを、ぜひ体験してみてください。

電話・メールによるお問い合わせ
03-3583-5361 / info@spicebox.co.jp